結婚指輪について

結婚指輪を付ける薬指の意味は?

結婚指輪には結婚している印や愛の証といった意味がありますが、指輪だけでなく指輪を付けえる指にも意味があります。
結婚指輪を付ける指といえば、左手の薬指というのが一般的ですが、これは左手の薬指は精神なものであるという考えがあるためです。
古代ギリシャにおいて左手の薬指は心臓につながる指と考えられていました。
指輪を左手の薬指に付けることでハートを掴むことができる、つまり相手のこころを掴むという意味があるとされています。
婚約指輪も同じように左手の薬指に付ける人が多くなっていますが、中には右手の薬指に付けるという人もいます。
どちらが正しいという正解はありません。
それぞれの考えでどの指に付けても間違いではありませんから心配する必要はありません。
結婚指輪を付ける指だからということで婚約指輪は右手の薬指に付けるようにしたいということもありますし、意味のある左手薬指がいいというのもどちらでも間違っているということはありませんからそれぞれの考えで付けても問題はありません。

Copyright© 結婚指輪 All Rights Reserved.

結婚指輪を付ける薬指の意味は?
結婚指輪